私、線維筋痛症と生きてます。

14歳頃から線維筋痛症を発病し、試行錯誤しながら暮らしています。些細なことも真面目な事も、馬鹿みたいにくだらない事も根暗なことも、心の声を流していきます。。

見透かされた通院

今日はマイヤーズカクテルを打ちに行きました。

雨が続くせいもあり、ストレスが重なってることもあり、痛みが強くなっていました。

今週どうだった?と先生に聞かれ、ちょっと痛くて辛かったと答えたのですが…

先生は私の眉の上をグッと押し、ここは痛いか?と聞いてきました。

不思議に思いつつ、痛いと答えると

『ここが痛いときは、精神的な問題のせいだ。』
『痛いときは体を温めて、休みながら出来ることだけしなさい。』
『動ける日はやりたいことを思いっきりしなさい』
『自分を追い込むと体に返ってくる』
『だからいつもなんでもいいから、よくできたと自分を褒めなさい』と。

見透かされたようで返す言葉がすぐに出てきませんでした。

自分を痛め付けてはいけないと、改めて思い直しました。

自分を誉めるって難しいですね。